団体

その他

専攻建築士制度を充実/日本建築士会連合会

 (社)日本建築士会連合会(宮本忠長会長)は13日、建築会館で行われた記者会見で、同会の今後の取り組みを発表した。発表は姉歯事件を契機に全国で行った緊急集会の協議結果を踏まえたもので、今後「継続能力開発(CPD)制度の一層の充実と推進」「専攻建築士制度の一層の充実と推進」「CPD参加者と選考建築士の市民への名簿公開」を柱に活動していく方針だ。  宮本会長は挨拶で「法改正でも建築士の専門分化が焦点に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月20日