行政

06年公示地価/大都市郊外は回復傾向/地方ブロック新規上昇地も

 国土交通省は22日、06年1月1日時点の公示地価を発表した。東京、大阪、名古屋の3大都市圏では、商業地の平均地価がそれぞれ15年ぶりに上昇するなど大都市部で回復傾向が現れている。この傾向は、地方圏の商業地も3年連続で下落幅が縮小、住宅地でも昨年に続き2年連続で下落幅の縮小となって現れた。 ■地方は下落が続き二極化  東京圏の郊外部は、近接した地域と都心部からの交通利便性の高い地域(武蔵野市、浦 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月27日