行政, 不動産流通・売買・仲介, 不動産証券化

社説

【社説】不動産市場はバブルなのか

 地価の下げ止まり、株価の上昇によって、資産デフレからの脱却がようやく見えてきた。しかし、その一方でバブル再燃を懸念する声も高まっている。いま不動産市場に、バブル的な要素が果たして存在するのだろうか。  バブルとは、一般的に投機的な取引によって、実体経済の成長以上に資産価値が上昇し、その上昇分は中身がないという意味で用いられている。1985年のプラザ合意による急激な円高、そして民間活力の活用、規制 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月27日