地域業者

連載

ちばに生きる 不動産業の発展をめざして(10)/東船橋不動産社長・鈴木 隆/桜をめでれば売上も上がる/身近な話題で話を“咲かす”/警戒心ほぐれて物件決まることも

 日本の象徴である桜の花は、パッと咲いてサッと散る潔い花として有名。その華麗さと思い切りの良さは、武士道の心にマッチするものとして、昔から愛されてきた。その点南国の花として色彩に優れたランの花は、なかなか咲かないし、大きく咲いたと思うと、いつまでも散ろうとしない。ねばり強いとも言えるし、生命の価値をわきまえた執着力のある花で正常とも言える。  と言うのは、花と産地の人間の顔をスライドして考えるから ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月27日