不動産流通・売買・仲介

連載

2006年 米国不動産動向を探る/投資家が買替えに動く/PMの基本は「人・金・物」

 ここ数年続いた不動産価格の高騰は、今年に入ってやや落ち着いてきたが、依然として投資家達の“買替え”は目立っている。過去3年程で2倍近くに市場価格が跳ね上がったケースもあり、売買取引が活発なこの時期に売り抜け、等価交換による納税延長を利用した物件買替えに走っているようだ。一方で、こうした買替えには、売却後180日以内に買替え作業を完了とする時間的制約があり、買替え期限に追われた買い手達が、駆け込み ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2006年3月27日