行政

その他

秋葉原開発でソフト系IT産業が回復傾向/国交省調査

 政府指定の都市再生緊急整備地域として開発が進む東京・秋葉原地区で、一時期停滞していたソフトウェア制作やホームページ作成代行などのソフト系IT産業が回復傾向にあることが、国土交通省の調べで分かった。\n ネットバブルが崩壊した12年3~9月期を境に、開業率の減少、廃業率の増加が続いてきたが、ADSLなど常時接続回線の普及や、政府や自治体が「IT発信基地」として再開発を後押ししたことから、14年3~ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月20日