開発, 分譲

その他

効果あげる都心回避/扶桑レクセル/4ヶ月連続で記録的契約高

 分譲各社が都心回帰現象を背景にマンションの供給を都心にシフトする中、郊外のファミリー層向けに特化している扶桑レクセル(安倍徹夫社長)が、このところ飛躍的に契約戸数を伸ばしている。昨年10月から今年1月までの4カ月はそれぞれ過去最高の契約戸数を記録した。各社が都心指向を強めているため、優良な郊外用地が厳選でき、販売面での競合も少なくなっているのがその要因と同社は見ている。売上高に占める有利子負債率 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月20日