賃貸管理, 地域業者

その他

担当者倍増230人へ/高齢者、社宅代行、劣化診断/ハウスメイトG/新中期計画の柱

 ハウスメイトパートナーズを中核とするハウスメイトグループ(井関清代表)は、高齢者対応分野と社宅代行分野、マンションの劣化診断分野を拡大する。各事業とも担当を現在の約2倍に増員する。時代のニーズに対応した新中期計画の柱として、3~5年間で人員増に合わせた事業規模に育成する計画。\n 高齢者対応は、子会社の東京エスター管理が出資している日本ケアリンクで運営するグループホーム「せらび」施設などを拡大す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月20日