開発, 分譲

連載

ワンポイント時評(936)/鹿島の超高層2物件/ランドプラン、セキュリティ秀逸/ハンデ企画で克服

 今年も昨年以上に都心部における超高層マンションの供給が増加することは、関係者なら周知の事実だが、今年ならではの特異な現象が表面化してきた。\n その一つが、昨年まで供給された物件に比べて立地面でハンデを背負った超高層が目に付くことだ。関係者にとっては常識化していることだが、リッチのハンデをカバーして販売促進を図るためには商品企画の差別化をさらに徹底させなければならない。この点で最近取材して感心し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月20日