分譲

社説

【社説】商品企画の大前提は“広さ”

 都心のタワー型マンションの大量供給が続いている。東京都がこのほど発表した住宅に関する世論調査によると、持家と賃貸住宅の指向性では、持家が全体の70%を占め、高水準にあることがわかった。とくに、都心居住の指向性が高まっており、過半数に達した。最近の市況を反映した結果が表れているが、今後の売れ行きを左右するのは、ニーズを捉えた商品企画にかかっている。\n 調査結果では、まず都心居住の地域を聞いたとこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日