団体, 統計・データ

その他

東京のマンション/20キロ圏は年収の5.4倍/都市協調べ

 (社)都市開発協会は「中高層住宅の価格とサラリーマン世帯の年収との乖離調査」(平成14年)を発表した。\n 標準的な中高層住宅(専有面積75平方メートル)の価格を、サラリーマン世帯の平均年収(741万円)に対する倍率でみたもの。調査対象は東京圏2万3677戸。\n 東京圏のマンション価格は3870万円(前年比2・6%下落)に対し、サラリーマンの年収は0・4%の減少(741万円)にとどまったため、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日