ハウス・住設

連載

【環境共生の時代に~】新日本石油「燃料電池」/水素と酸素から電気を作る/世界初の家庭機開発

 水の電気分解と逆の原理により、水素と酸素を反応させて電気と温水を作り出す燃料電池は「次世代エネルギーの本命」と言われている。しかし、国内・海外とも、家庭用の燃料電池はまだ存在しない。\n しかし、新日本石油は平成17年度中の一般家庭への販売を目指し、2月4日、横浜市とモニター契約を結んだ。横浜市の三菱地所ホームモデルハウスでの使用実験を開始。これを皮切りに、近日中に横浜市長公舎など100台程度の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日