ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(254)/シックハウス、官民で対応を強化/換気新時代が到来/新しい住性能競争が始まる

 住宅の室内環境に対する関心が年々高まっている。シックハウス症候群が社会問題としてクローズアップされる中、官民で取り組みを強化しつつある。\n 国は建築基準法を改正して、(1)内装仕上げの制限、(2)換気設備の設置の義務づけ、(3)天井裏等の建材の制限を打ち出した。民間ではNPO法人シックハウスを考える会がこのほど首都圏支部を発足、活動の輪を広げており、官民あげてシックハウス対応が進みはじめた。\ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日