不動産流通・売買・仲介

特集

【遊休地の積極活用を―土地の有効利用特集】「都心地価の最新動向」/経済大国の自信再び

 地価の凋落が続いている。この傾向に歯止めが掛からない限り、不動産業界に活気が戻るとは言い難い。大野地価研究所・大野幸一所長が最新の地価動向を分析した。\n大野地価研究所(東京・南青山)・大野 幸一所長\n●小泉改革痛み相場\n 第1グループの土地―(1)銀座、丸の内など都心最高商業地や表参道など人気スポットの一等地及び南青山、南麻布、神宮前などの都心部高級住宅地は、平成8年夏頃「底打ち」して、9 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日