不動産流通・売買・仲介

特集

【遊休地の積極活用を―土地の有効利用特集】平成15年度 税制改正のポイント/生前贈与が容易に

■相続税・贈与税 相続時精算課税制度\n\n 今年1月から相続税と贈与税を一体化して扱う「相続時精算課税方式」が新たに導入される。新制度は、同一の親から受け取る財産について、生前贈与であるか相続であるかを問わず、まとめて課税するというものだ。\n たとえば親Xから子供Yが生前贈与でもらっていた財産3000万円は、Xが死亡して子供Yが残りのXの財産9000万円を相続したときに、改めて相続財産に合算し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日