ハウス・住設

特集

【遊休地の積極活用を―土地の有効利用特集】独自性がカギ/さまざまな土地活用を提案/旭化成「ACSIL」

■―より高い運営効果を求める所有者のニーズに応える―\n\n 旭化成は、土地所有者が賃貸マンションを建設する際、同社がその建設資金の一部を所有者に出資し、共同で賃貸事業を運営するシステム「アクシル」を平成12年末にスタートした。\n 同システムは共同事業の期間を15年とし、この間は旭化成の一括借り上げシステムを利用することが前提。所有者に対しては出資比率に応じた一定の賃料を支払う。また、旭化成が出 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日