不動産流通・売買・仲介

連載

Why not?(133)/分譲マンションと賃貸借(2)/定住意識乏しい賃貸人/区分所有者の環境守れ

 我が国においては、全世帯の約4割が借家に居住しており、この比率は移動世帯・共稼ぎ世帯の多い都市部ほど高くなっています。ところが、都市部の平均床面積は約40平方メートルと著しく狭小であり、ファミリー向けの借家の供給は量的にも極めて不十分となっています。このことは我が国の過去においても変わらず、そのため、良質な賃貸住宅の供給増は、ファミリー世帯の居住の安定を図る上で急務とされていました。\n そこで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年3月27日