行政, 住宅金融機構・都市機構

その他

住宅ローン情報/一元的に提供を/国交省住宅金融研

 国土交通省は、昨年10月に設置した「住宅金融に関する消費者教育・情報提供に関する研究会」の最終報告をまとめた。\n 報告では、消費者が多様な住宅ローンから、商品性やリスクも考慮した適切な選択をできる環境整備の重要性を強調。情報が一元的に集約化されると利便性が高くなると指摘した。\n また、公庫の住宅ローン証券化支援業務についても、今後、消費者への十分な説明と周知徹底が必要とした。\n 具体的な取 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日