開発, ハウス・住設

社説

【社説】ニッチ市場に活路見いだせ

 注文住宅の受注環境が、依然として厳しい状況にある。来年度の税制改正で相続時精算課税制度が創設され、住宅取得資金に係る贈与の非課税枠を3500万円に拡大する特例が付加されたことは好材料に違いないが、これによりどの程度の受注増が見込めるのかはまったく未知数だ。むしろ、年明け早々の太平住宅倒産の報に象徴されるように、今年も昨年同様、企業の淘汰が進みそうな気配を感じている業界人も少なくないだろう。\n  ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日