統計・データ

その他

不動産業倒産2カ月ぶり減/帝国DB調査

 帝国データバンクが調査した2月の企業倒産集計(負債1000万円以上)によると、倒産件数は1586件で前年同月比7・4%減少したものの、2月としては戦後3番目を記録。負債総額は1兆5329億8700万円(前年同月比20・6%増)で、2月としては戦後最悪となった。\n このうち、不動産業の倒産は件数50件(同3・8%減)、負債総額503億8900万円(同65・7%減)。倒産件数は2カ月ぶりに前年比減 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日