不動産証券化

その他

長谷工総研/注目される賃貸マンション/住宅系不動産ファンドの現状

 長谷工総合研究所は、住宅系不動産ファンドの現状、周辺環境の変化、住宅市場への波及についてまとめた。\n その中で、今後のJ―REITについては「認知度を高めるためには、安定した配当を続けることに加え、運用資産の用途や地域など特色ある銘柄が増え、それぞれの特色を明確にする必要がある」とした。\n また2003年問題でビルに対する懸念が高まったことなどで賃貸マンションが注目され、「長中期の運用に耐え ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日