ハウス・住設

その他

新社長に渡瀬氏/S×Lが経営改革

 エス・バイ・エルは14日、社長を含む経営布陣の刷新と部支店長の若返りを中心とした経営構造改革を発表した。新社長には渡瀬淳一氏が就任。昨年5月に経営構造改革を発表したが、今期決算が経常利益で約6億5000万円の赤字と予想されることから、さらに実効性ある改革を推進する。\n 展示場外の営業活動を強化し、採算の悪い展示場は閉鎖委・統合するなど販管費の削減を図り、平成15年度には黒字化を目指す。17年度 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日