不動産流通・売買・仲介, 統計・データ

その他

2002年の中古マンション成約/築浅物件さらに伸びる/東日本機構調べ/平均築年数は16年/デフレの影響随所に

●3年ぶり築浅\n デフレの影響が随所に―。(財)東日本不動産流通機構(藤田和夫理事長)は、2002年の中古マンションの成約・新規登録物件を築年数ごとに分類・分析した。価格の安い築20年以上の物件が伸びを示すなど、デフレの影響がうかがえる一方、築浅物件の成約シェアがアップ。平均築年数は3年ぶりに縮小している。\n 02年に成約した中古マンションの平均築年数は、16・09年(前年比0・04年築浅)と ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日