不動産証券化

その他

【新刊紹介】「遺言書―家族にやさしい書き方・残し方」/曽根恵子著/弊社刊

 遺産分割時に「争族」を招かないため、遺言書を残す必要性を説く。遺言書を書くことでできること、そして相続そのものの仕組みなどの実例を示している。\n NPO法人資産相続総合相談センターの理事長を務めている経験から、「争いのない相続を用意する」ことが、財産の継承に重要だと指摘する。\n A5判・208頁\n 定価1600円(税別)\n

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日