不動産証券化

連載

Why not?(134)/分譲マンションと賃貸借(3)/業者は管理規約を提示/区分所有法にも服する

 法的観点から賃貸借を見た場合、賃借人は、基本的に貸主との間の賃貸借契約にのみ規律され、使用収益することができます。そして、他の賃借人との関係、つまり共同生活上のトラブルは賃貸借契約に基づく賃貸人を通じた調整あるいは不法行為法による処理に委ねられます。\n ところで、分譲マンションは、多数の区分所有者が共同生活を営んでいる場です。「所有」は、所有物の自由な使用収益を帰結し、他方、「共同生活」は、自 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2003年4月3日