不動産証券化

その他

現実味が増すREIT再編/四つの再編シナリオを検証/容易なのは運用会社等の変更

 2007年5月からの三角合併解禁によって日本のM&A法制の多くが欧米並みになる。海外のアクティビストファンドの動きもさらに活発化すると見込まれ、今年は内需系企業の経営統合が進むと見られている。こうした中、不動産セクターではREITの再編に注目が集まっている。今年1月から提出が義務化されたJ―REITの大量保有報告書(5%ルール)からは割安銘柄を中心に複数の外資系ファンドが大量保有していることが判 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月5日