行政

その他

東京都/耐震改修促進計画を策定/住宅は9割目指す

 東京都は1月29日、地震による被害の軽減を目指し「都耐震改修促進計画」の素案を発表した。住宅や学校などの建築物の耐震改修について2015年度までの目標を定めた。住宅では1981年に施行された「新耐震基準」化率9割を目指す。現在は76%。  住宅以外では百貨店やホテルなども9割(現在は77%)、警察署や病院など防災上重要な公共建築物は100%(同78%)を目指している。学校では都立高校25校、盲ろ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月5日