その他

その他

あおい協助会/入居者の自殺・他殺 空室の家賃を補償/「家主の利益を第一に」

 賃貸住宅で自殺や他殺など「不測の事故」が起こった場合の空室家賃補償を手がける、日本賃貸住宅経営者協助会(あおい協助会、阿部重康理事長)。一昨年の発足時から「家主の利益を守る家主のための団体」として賛同者を着実に増やし、賛助会員は2万人を超えた。このほど年会費制度に移行、会報誌も創刊するなど積極的な活動を展開している。(柳成根記者) ■年会費制へ移行/月あたり1000円で全室保証  家賃回収や原 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月5日