団体

その他

住団連調べ/トップ景況感/不透明感広がる/15カ月ぶり大幅悪

 (社)住宅生産団体連合会(会長=和田勇・積水ハウス社長)は、06年度第3四半期(10~12月)の経営者による住宅景況感調査をまとめた。受注戸数と金額それぞれの実績と今後3カ月間の見通しについて、前年同期と比べて「良い」とする回答割合から「悪い」とする回答割合を引いて指数化した。回答したのは16社のトップ。  総受注戸数の指数はマイナス23、総受注金額はマイナス17。それぞれプラス7、プラス20だ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月5日