団体

その他

都宅協町田支部・加藤 由己支部長に聞く/地域の発展に協力

 昭和40年代以降、ベッドタウンとして急速に発達した町田市は、都下で最も活気にあふれる自治体の一つだ。バブル経済期以後には、東京都区部からの私立大学の転入が進み、「青年の街」として発展する一方、アウトレットモールなど商業施設が相次いで開業している。(社)東京都宅地建物取引業協会町田支部の加藤由己支部長に、支部の現況など話を聞いた。 市と連携して活動/不動産相談会や人材派遣など  ―マスコミでは好景 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月5日