行政

その他

藤沢市が景観計画策定/都市計画法で厳しい規制も

 藤沢市は、景観法に基づく景観計画を策定した。市内全域を対象とした色彩誘導基準の策定や、景観形成地区の指定による景観形成が柱。江の島と辻堂駅北口・湘南C―X(シークロス)地区では、都市計画法による景観地区指定を行い独自の高さ制限など強い規制も行う。これまで自主条例によって実施してきた景観施策が法的根拠を持つことになる。  市内全域を対象に、きめ細かな色彩誘導基準を設けたほか、景観形成地区として▽江 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月5日