その他

連載

海老沼の視点 不動産トピックス(51)/情報の自己管理/故意も過失も同じ

 某週刊誌に「地価公示価格」の情報が流れていたことが書かれていました。地価公示価格というのは地域の標準的な土地の毎年1月1日の価格を不動産鑑定士等が判定する価格のことをいいます。それが官報などで毎年3月後半頃に発表され、国民の方々に地価の情報を提供しようとするものです。  この価格の発表により、昨年と今年の地価の変動が把握できるわけです。当然のことながら、この価格を判定する不動産鑑定士の仕事もいい ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日