分譲

その他

総和地所・辻 秀樹所長に聞く/総合不動産として幅広い事業を検討

 マンション分譲などを手がける総和地所は9日、ジャスダックに上場した。今後は総合不動産業として、さまざまな分野への参入を考えている。辻秀樹社長に話を聞いた。(長嶺義隆記者)  -2007年2月期の業績予定は  「マンションの引き渡し戸数は514戸で、今期から始めた建売は21棟となりそうだ。そのほか、30区画を完成宅地として販売した。連結売上高は売上高154億円、経常利益8億3000万円を予定する ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日