行政

その他

横浜市/緑地と都市の共生/調整区域検討委 基本ルール策定を提言

 市街化調整区域のあり方を検討している横浜市の市街化調整区域あり方検討委員会(委員長=蓑原敬・蓑原計画事務所代表)は6日、緑地保全の強化や、緑地と都市の共生、計画的な土地利用の誘導、新たな条例の制定を柱とする答申を行った。開発にあたっては『基本的ルール』を策定し適用することを打ち出している。市では、答申に対する市民意見を募集し、今秋までに条例やルールづくりなど具体的な対応方針を策定する方針だ。   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日