行政, 地域業者, 団体

その他

埼玉・西川口の駅前商店街/“脱”風俗街へ/空きビルの有効活用を検討

 関東有数の歓楽街として知られるJR西川口駅周辺で、空きビル増加が深刻な問題となっている。昨年5月に施行された改正風営法や市の新条例により、駅周辺の違法性風俗店は激減したものの、「風俗街」のイメージはいまだ根強く、空きビルにテナントが入らないケースが続出しているという。川口市は今後、地元の宅建協会などと連携し、ビルの有効活用手法などを検討していく。 ■空きビルが増加  最盛期には200店舗以上の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日