ハウス・住設

その他

2×4住宅/32年目で10万戸突破/貸家が底上げ シェア8%に上昇

 ツーバイフォー住宅の年間着工戸数(暦年)が1974年(昭和49年)の工法オープン化から32年かかって初めて10万戸台に乗った。国土交通省が発表した06年のツーバイフォー住宅の着工戸数は前年比10.0%増の10万5390戸。全住宅に占める工法別のシェアは最高の8.17%に上昇し、プレハブ住宅の12.4%を猛追している。ツーバイフォー工法を採用する事業者が増えていることや、04年の耐火構造認定によっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日