団体

その他

日住協/会員市況感調査

 (社)日本住宅建設産業協会の正会員を対象にした調査によると、06年度第3四半期の分譲住宅モデルルーム来場は4割が「普通」で前期比横ばい。「やや悪い」が増加し、「やや良い」が減少するなど市況感が悪化している。特に資本金1億円未満の会社では「悪い」が他のクラスに比べて10%上回り厳しい。  戸建住宅の売れ行きは「やや良い」と「普通」がともに減少し、やや悪化。第3四半期は前期比で、分譲住宅の来場の4割 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日