その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(635)/成城学園の住宅地76坪/角地で申し分ない条件/相続係争の共有物換価

 発表されている本年の東京地裁の開札スケジュールによれば、開札の回数は30回で、昨年より2回少なくなっている。開札対象物件も一昨年から昨年は1割程度増加したが、本年は前年比で再び減少する可能性が高い。  対象物件数の減少とともに、対象物件の1物件あたりの金額低下が進みそうだ。2月1日開札では、競落価格が1億円を超えたのは6物件のみで、全体の1割にも満たない。  これは銀行の不良債権処理がほぼ終了し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日