行政

その他

複合手法で密集地対策/郊外は低密度化を上手に誘導/社会資本審都市交通市街地整備小委

 社会資本整備審議会都市計画・歴史的風土分科会都市計画部会都市交通・市街地整備小委員会(委員長=黒川洸・計量計画研究所理事長)はこのほど、「市街地整備施策のあり方」を討議するなかで、安全・安心の確保と市街地郊外部等における市街地の密度低下への対応について検討した。安全・安心の確保では、密集市街地対策として複合型手法の有効性が確認され、市街地郊外部では、低密度化をうまく誘導する「スマートシュリンク」 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月12日