地域業者

その他

白井商事/“難あり”物件を積極購入/賃貸で資金回収後、分譲用地に

 不動産の売買、賃貸管理などを手がける白井商事(さいたま市、白井慶太社長)は、検査済証が紛失していたり、旧耐震基準であるなど、買い手のつきにくい収益物件を積極的に購入している。このような物件でもデューデリを徹底することでリスクは回避できると判断した。取得した物件は当面、賃貸物件として運営。賃料収入で資金を回収した後に取り壊し、分譲用地として販売する。同社の管理ノウハウを生かすことで、安定的な賃料確 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月19日