分譲

その他

企業ボランティアが活発/ニチモ「ニチモ子供基金」/キノシタ「社員が植林」

 メセナという言葉が聞かれなくなって久しいが、最近になって企業によるボランティア活動が活発になっている。これまでは大企業が中心だったが、中堅企業による取り組みも目立っている。バブル期のように業績が好調という理由だけでなく、CSR(企業の社会貢献)が注目されていることなど各社さまざまな理由がある。社員教育の一面もあり、この動きは今後も広がりそうだ。  ニチモは2006年5月に社会貢献活動の一環とし ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月19日