不動産証券化

その他

ケネディクス/開発案件3年で1千億円/ファンドの投資対象も拡大

 不動産投資ファンドのケネディクスは新たな成長戦略をまとめた。同社のアセットマネジメント受託残高は昨年12月末時点で5444億円に達したが、2007年12月期は6604億円まで積み上げる方針。引き続き開発案件に軸足を置いた成長戦略を採り、07年以降もオフィス・商業施設・物流施設などで大規模開発を計画している。07年度の完成予定案件は541億円、08年度437億円、09年度30億円を予定。リスクや資 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月19日