開発, 分譲, 統計・データ

その他

弊紙調査/06年首都圏マンション供給戸数/三井不動産が首位

 弊紙が現在集計中の2006年首都圏マンション供給ランキングで、三井不動産(10月以降は三井不動産レジデンシャルに住宅分譲部門を移植)が初めて首都圏(1都3県)で供給戸数トップになることが確実になった。昨年(1月から12月)の供給戸数は4698戸で、2005年の3333戸から40%の大幅増加となっている。  三井不動産は昨年「アーバンドック パークシティ豊洲」(江東区、1481戸)、「芝浦アイラン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月19日