その他

連載

駅前不動産屋奮闘記/今回のバブルのお話 その2

 投資用不動産市場では、どう考えてもおかしいことが起きていました。家賃が下がっているのに、賃貸マンションやテナントビルの売買価格は逆に上がっていったのです。吹き荒れたバブルの影響をモロに受けた形です。  経済的に、こういう非合理的なことは長くは続かないはずです。関西では、投資市場のブームはもはや過ぎ去ったという見方が強くなっています。全国的にもそうかもしれません。  前回のバブルでは私も経験したの ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月19日