ハウス・住設

その他

富士経済が3兆円市場予想/住設、10年に18%増/「太陽光発電」は5割増

 総合マーケティングの富士経済は、住宅設備と建材の市場予測をまとめた。新築住宅に加え、リフォーム需要も期待できる住宅設備は3年後の10年の市場規模が06年比で18%増の3兆3230億円に拡大すると推計。なかでも環境配慮のイメージが強い住宅用太陽光発電システムの伸びが高く、10年の市場規模は06年比52%増の1521億円に達すると見込んでいる。  住設の06年の市場規模(見通し)は2兆8113億円。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月19日