団体

その他

宅地建物取引で講演会を開催/適取機構

 (財)不動産適正取引推進機構(平井宜雄会長)は9日、「宅地建物取引をめぐる最近の情勢―宅建業法の改正と監督処分基準等について―」をテーマにした講演会を東京・文京区の住宅金融公庫すまい・るホールで開いた。  講師は、国土交通省総合政策局不動産業課長の松脇達朗氏。宅建業法の改正と監督処分基準等について、最近の情勢や実例をグラフを交えて解説したほか、不動産業の現況、不動産投資市場の環境整備、不動産取引 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月19日