開発

その他

小田急電鉄/向ヶ丘遊園跡地で集合住宅など開発/アセス手続きに着手

 小田急電鉄は、川崎市多摩区の向ヶ丘遊園跡地の基本計画をまとめ、川崎市条例に基づく環境アセスメント手続きに着手した。跡地を「事業」「ガーデン」「緑地編入」「樹林地」の4ゾーンに分け、開発ゾーンでは集合住宅やメディカルモール、小規模商業施設などを整備する。アセス手続きが順調に進めば、09年10月の着工、11年~13年の順次完成をめざしている。  向ヶ丘遊園の跡地基本計画の対象面積は21万7000平方 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月26日