分譲

その他

阪急不動産 阪神電鉄/統合後初のJV物件/六甲駅前で71戸販売

 阪急不動産(大阪市北区、簑原克彦社長)と阪神電気鉄道(大阪市福島区、坂井信也社長)は、昨年10月の阪急阪神ホールディングス発足後初の両社共同事業として「阪急『六甲』駅前マンション(仮称)」(神戸市灘区、71戸)を夏から販売する。両社は今回の事業を皮切りに協力関係を深め、阪神間の居住環境や生活文化を活かしながら、新しいライフスタイルを提案する商品づくりを推進するとしている。  阪急不動産はこれまで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月26日