その他

連載

取引紛争の事例と解決(106)/(財)不動産適正取引推進機構/原状回復に係る費用負担は合意済み/貸し主が敷金で足りない分まで請求/消費者契約法で無効/自己の不利益を認識できず

 8年ほど住んでいたマンションを退去しましたが、貸し主は敷金を返してくれません。それどころか、原状回復に係る費用負担は合意済みだと言って、敷金だけでは足りない分までも請求されてしまいました。契約書や合意書の内容を理解しないままサインしてしまったことで、過って壊したり傷を付けたりした物は何もないのに、ここまで負担しなければならないのでしょうか。 (山本 博之、45歳、会社員)  【苦情の内容】  山 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月26日