団体

その他

団塊Jr.の住宅建築/半数が親の援助頼み/住宅振興財団が展示場で調査

 住宅生産振興財団住宅展示場協議会は、20.30代の展示場来場者を対象にした住宅取得に関するアンケートをまとめた。実施は06年9月にでサンプルは696。  世帯年収の平均は670万円。貯蓄実践者の77%は住宅資金が目的で、年齢の割には高い収入レベルと住宅取得の計画性がうかがえる。ただ、取得計画自体は親の援助への依存度が高いことも分かった。  住宅の取得を検討するきっかけとして親や親族からの資金援助 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2007年2月26日